陶とガラスと金属で・・・毎日の器
b0267416_14244274.jpg


b0267416_14242025.jpg



手児奈[30+4]周年記念企画 その2
陶とガラスと金属で・・・毎日の器展

2013年8月20日(火)~29日(木)
11:00a,.m.~6:00p.m.(土・日・最終日は5:00まで)

工芸ギャラリー手児奈

名古屋市中区千代田3丁目14-22 杉浦ビル2階
tel./fax. 052-332-0393


34周年展その2では、夏なればこそ出番の多いグラス、ジョッキをはじめ、

マグカップ、湯呑み、カップ&ソーサーなど、飲むための器がテーマです。


ガラス、金属、陶器、磁器とそれぞれの素材の持ち味と作り手の個性が生きた、とっておきの一点。


どうぞ見つけにお出掛け下さい。
# by tsutainoriko | 2013-08-15 16:32 | 展覧会
飯わん
b0267416_11544648.jpg


b0267416_11553717.jpg



器を手に持ち食する習慣は日本固有のもの。

私達は器を選ぶとき、見た目の様子で無意識にその重さを推し量っています。

手に取ったときの「重い、軽い」は、自分が感じ取っていた重さとの違いで、

それがほぼ一致したとき、その人にとって心地良い重さなのではないでしょうか。

一口ご飯をいただく度に手に持つご飯茶碗は、好みの意匠、手に馴染む形、

そして心地よい重さが揃って初めて、毎日使っていただけるのではと思います。


今日8月1日から、名古屋の工芸ギャラリー手児奈で、

19名の作り手が参加して、毎日の器展がスタートします。

たくさんのご飯茶碗が並びます。


お気に入りを見つけにお出掛け下さい。
# by tsutainoriko | 2013-08-01 00:05 | 展覧会
陶と漆で・・・毎日の器展
b0267416_0314749.jpg



手児奈[30+4]周年記念企画 その1

2013年8月1日(木)~10日(土)
11:00a.m~6:00p.m.(土、日、最終日は5:00p.m.まで)

工芸ギャラリー手児奈
〒460-0012 名古屋市中区千代田3丁目14-22 杉浦ビル2階
tel./fax. 052-332-0393


工芸ギャラリー手児奈は今年34周年を迎えます。

店主の伊藤公子さんの目で選んだ作家の企画展を、月3回のペースで開催しています。

30年をひとつの区切りと考えられていた伊藤さんは、30年を過ぎた年から

毎年恒例となったこの記念展を、30+1、+2、+3として回を重ねています。

「淡々と続けて34年と言えば、かっこいいのですが・・・」と謙遜しておられますが、

伊藤さんの目を信頼しているファンも多く、関わらせていただける幸運に感謝します。


今年の展は原点に返って、毎日の器がテーマです。

私のお気に入りのお椀、ご飯茶碗、お箸置きなど、

愛着を持って使っていただける器を提案します。


名古屋には伺うことはできませんが、

お近くの方は是非お手掛け下さい。
# by tsutainoriko | 2013-07-25 18:34 | 展覧会
陶・木・漆の器展
b0267416_16435721.jpg


b0267416_16431482.jpg


b0267416_16423611.jpg


b0267416_1642241.jpg


b0267416_16413069.jpg


b0267416_164145.jpg


b0267416_16403866.jpg



閑静な住宅地、札幌旭ヶ丘にあるギャラリー門馬は、

創設者である門馬よ宇子さんのご自宅兼アトリエでした。

その後、若手アーティストの企画展を開催し、

2003年には隣接して、ANNEXが開廊。

現在ギャラリーを運営している大井恵子さんは、

北海道のみならず、全国のアーティストの展覧会を企画、

ユニークな活動をされています。


ここで、6月19日から25日まで、

陶と木と漆による器展が開かれました。


日常お使いいただくことをイメージし制作した器たちは、

門馬ギャラリーの美しい空間に助けられ、

心地よい雰囲気を醸しだしてくれました。


多くの方にお運びいただきましたことを

心より感謝を申し上げます。
# by tsutainoriko | 2013-06-30 16:45 | 展覧会
陶・木・漆の器
b0267416_1801013.jpg



6月19日よりギャラリー門馬にて「遊」 陶・木・漆の器3人展が始まります。

美しい新緑に覆われた門馬邸に、3人の器のある情景が広がります。



美しい手刳りの器を作る船山奈月さんと、

漆で迫力ある立体造形や器などを手掛ける渡辺希さんはともに31歳。

そのふたりが生まれたほぼ同時期に、

私は初個展をして陶芸家としてスタートしました。

望んだ訳ではありませんが、器作りに専念できる環境の中で、

私は時間の経過を実感できずに今があります。

この世に誕生し、多感な子供時代、青春時代を過ごしたであろうふたりが、

進む道をみつけ、学び、そして作家として活動している。

その過程に想いを巡らすことで、

私は31年という時間を具体化し実感することができました。


若い感性と共有できる時間と空間、

この展覧会に参加できる幸運に感謝します。







# by tsutainoriko | 2013-06-11 15:35 | 展覧会


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31