織る
b0267416_9204076.jpg


15mの経糸1050本を機にかけ

13メートル織って、一反の着尺が織り上がる。

1㎝織るための緯糸は26越。


織る作業の前に、糸を染める糸作り、

糸を機にかける機ごしらえがある。

作り手は、この時点で完成の7割がた終えるという。



染織家にとっての日々の営みのひとつ、「織る」という行為、

機の前に座り、左右に杼を走らせ、筬を打ち込む。

流れる時間を織り込みながら、一枚の布が生まれる。



10月16日(水)より21日(月)までギャラリー創に於いて

「纏う 蔦井美枝子の着尺」が開催されます。

ぜひお出掛け下さい。
by tsutainoriko | 2013-09-24 20:29 | 着物
<< 纏う  着尺 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31