飯わん
b0267416_11544648.jpg


b0267416_11553717.jpg



器を手に持ち食する習慣は日本固有のもの。

私達は器を選ぶとき、見た目の様子で無意識にその重さを推し量っています。

手に取ったときの「重い、軽い」は、自分が感じ取っていた重さとの違いで、

それがほぼ一致したとき、その人にとって心地良い重さなのではないでしょうか。

一口ご飯をいただく度に手に持つご飯茶碗は、好みの意匠、手に馴染む形、

そして心地よい重さが揃って初めて、毎日使っていただけるのではと思います。


今日8月1日から、名古屋の工芸ギャラリー手児奈で、

19名の作り手が参加して、毎日の器展がスタートします。

たくさんのご飯茶碗が並びます。


お気に入りを見つけにお出掛け下さい。
by tsutainoriko | 2013-08-01 00:05 | 展覧会
<< 陶とガラスと金属で・・・毎日の器 陶と漆で・・・毎日の器展 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31