恵風
b0267416_21444236.jpg



着物を誂えることができるのは、身内に着尺を織る者がいる幸運でしょうか。

3年前、思い描いた着物姿を伝え、織り上がったのは1年前。

展覧会での展示を終え、仕立て上がって、手元に届きました。

恵風(めぐみの風 春風 2月の異名)と名付けられた

この着物を着る季節は、そろそろ終りです。

明日、知人の展覧会に着て行きます。


帯は母の残した古い袋帯。

織り上がったときから、最初はこの帯と決めていました。




b0267416_21431751.jpg


b0267416_16522955.jpg


遠目に無地、近くでみると細かい縞模様、

黄檗(きはだ)、楊梅(やまもも)、丹殻(たんがら)で染めた絹糸は、

光の加減で微妙に変化して、とても美しいです。


蔦井美枝子作







by tsutainoriko | 2014-05-17 18:48 | 着物
<< ベビーティアーズ 和食 >>



日々の器
by tsutainoriko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30